大江戸二〇二〇風呂敷

大江戸二〇二〇風呂敷

もしも葛飾北斎が現代のスポーツを描いたらがテーマ

とてもユニークで様々な種目が描かれています。

風呂敷としても利用できますが、少し薄手の生地なので、

スカーフのようにも利用できそうです。


上段の海波と富士山の図柄がなんとも北斎らしく出来ています。


作家は浅山美里氏

新作風呂敷です サイズ75×75㎝ 木綿100% 2200円


是非ご検討下さい。


50回の閲覧0件のコメント

美しい着物 着物専門店 呉服笠間

〒350-0065 埼玉県川越市仲町5-10

​049-222-1518

gofukukasama 2018